ここから本文です

アイスランドはフランスすらも食ってしまうのか。“ジャイキリ”狙う小国と開催国の意地

フットボールチャンネル 7/3(日) 13:02配信

EURO2016もいよいよ準々決勝最後の戦いとなった。開催国フランスに挑むのは、今大会のビッグサプライズであるアイスランド。優勝のためにはここを通過点にしたいフランスに対し、アイスランドはベスト16に続いて“ジャイアント・キリング”を起こせるだろうか。(文:小澤亮太)

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

優秀な監督の下、優勝へ勝負強さを兼ね備えるフランス

 16ヶ国から24ヶ国に出場国が拡大し、大会のレベルの低下が心配された今回のEURO。しかし各国がそれぞれのカラーを持ち、質の高い試合が展開されており、その心配は杞憂に終わっている。

 ベスト4最後のイスを懸けて戦うのがホスト国・フランスと人口33万人(東京都中野区とほぼ同じ)、登録されているプロ選手が100人前後のアイスランドというのも出場国が拡大したからこそ実現したものだ。そんなフランスvsアイスランドというカードがベスト8で組まれることを、大会前に予想できた人はいないはずだ。

 フランスのグループステージの戦いは決して楽なものではなかった。ルーマニア戦では試合終了間際にディミトリ・パイエが勝ち越しゴール。アルバニア戦でも90分にアントワーヌ・グリーズマンが決勝点と薄氷の勝利だった。

 ベスト16のアイルランド戦も試合序盤にPKで先制を許す。屈強なフィジカルを前面に押し出して戦うアイルランドに苦戦を強いら、グリーズマンの2得点で逆転勝ちを収めた。上手く行かなくても最後はしっかりと勝つ。苦戦しつつも勝負強さを見せつけ、強いチームの勝ち方で勝ち上がってきた。

 ディディエ・デシャン監督はアイルランドの圧力に押されていた前半終了後、エヌゴロ・カンテに代えてキングスレイ・コマンを投入し、4-3-3から4-2-3-1へとシステムを変更、チームを勝利へと導いた。上手く行っていない状況を思い切った決断によって変化させることができる監督、それを支える選手層、選手たちの力が今のフランスにはある。

 アイスランドは間違いなく強敵であり、人口の10%以上がフランスに訪れていると言われているサポーターの存在も大きな後押しをするだろう。とはいえフランスは自国開催であり、目指すのはEURO2000以来の優勝だ。ここは通過点にしたいところである。

1/2ページ

最終更新:7/3(日) 14:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。