ここから本文です

「僕らにベイルがいることが嬉しい」 ウェールズ代表DFも待ち望むEURO4強“銀河系エース対決”

Football ZONE web 7/3(日) 14:20配信

マンUでC・ロナウドとプレー経験のあるDFチェスターが語る

 FWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)擁するウェールズは、欧州選手権(EURO)本大会初出場ながらベスト4に進出する快挙を達成した。次戦はベイルのレアルでの同僚FWクリスティアーノ・ロナウドらが名を連ねるポルトガルだが、マンチェスター・ユナイテッド時代にともにプレーした選手が「僕たちの方にベイルがいることが嬉しいんだ」と語り、早くも対決ムードがヒートアップしている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 準々決勝ベルギー戦では試合序盤に先制されたものの、DFアシュリー・ウィリアムズ(スウォンジー)の同点弾、FWハル・ロブソン=カヌ(無所属)が鮮やかなクライフターンから勝ち越し点、そして途中出場のFWサム・ボークス(バーンリー)のヘディングシュートのダメ押し弾で、3-1と逆転勝利を収めた。FIFAランク2位のタレント軍団相手の勝利に、チームはさらに自信を深めたようだ。

 準決勝ではベイル対ロナウドという“銀河系エース対決”となるが、選手たちも心待ちにしている。かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属した経験を持つウェールズDFジェームズ・チェスター(WBA)は、イギリスのスポーツ情報サイト「SPORT360」のインタビューに「次の試合はクリスティアーノ(・ロナウド)とギャレス(・ベイル)の間の大きな戦いとなるだろう。メディアがそれを大きく煽るだろうしね」と話した後、ロナウドの印象についてこう答えている。

「僕はクリスティアーノと数回練習するだけでも十分幸運だったし、その後の彼が何をしたかで偉大な選手だと分かる。ユナイテッド時代からトレーニング後にジムで鍛錬していたし、自分自身を高めていた。マドリードに行った後も、彼はさらに良くなっている。ゴールマシンになっているよね」

「ギャレスは今大会で最高の個の力」

 チェスターは今季UEFAチャンピオンズリーグで得点王を獲得し、EUROでも負ければグループステージ敗退危機のハンガリー戦で2得点を挙げたCR7の実力を認めつつも、ウェールズが誇るスーパーエースの存在を讃えた。

「ギャレスはこのトーナメントで最高の個の力だ。もし僕たちが守りながらプレーしていても、ポルトガルを倒す大きなチャンスを与えてくれるだろう。ギャレスとクリスティアーノはレアルで一緒にプレーしているけど、僕らのチームにギャレスがいてくれることが嬉しいんだ」

 ふたりを知るチェスターはこう話した。この言葉を意気に感じてベイルが再び躍動するのか、それとも史上初のEURO4大会連続ゴールを果たしたロナウドが貫録を見せつけるのか――。準決勝の直接対決は、マドリディスタ以外も要注目の一戦になることは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(日) 14:20

Football ZONE web