ここから本文です

爆竹の音を爆発音と勘違い…ドイツ対イタリアの試合後にファンが大パニック

フットボールチャンネル 7/3(日) 14:00配信

 現地時間2日にEURO2016準々決勝が行われ、ドイツ代表はイタリア代表と対戦。この試合をフランス・パリのファンゾーンで生中継していたところ、爆竹の音により、一時大パニックに陥った。2日に英メディア『ドリームチームFC』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 同メディアによると、ドイツがPK戦で勝利した後、一部のファンが爆竹を使用した。その音を爆弾の爆発音と勘違いした人々が一斉に逃げ始め、前列の逃げる人々を見てさらに後ろの方にいた人々も逃げ始めたため、一時大パニックが起こっていたようだ。負傷者などについては明らかになっていない。

 フランスでは昨年11月にパリでテロ事件が発生している。そういった経緯もあり、多くの人々は大きな音に敏感になっているのかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 14:17

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。