ここから本文です

酒井宏加入のマルセイユ、財政難で流出止まらず。最古参の正守護神も退団

フットボールチャンネル 7/3(日) 15:00配信

 深刻な財政難にあえぐフランスの名門マルセイユから戦力流出が止まらない。1日には9年間在籍したチーム最古参の守護神スティーブ・マンダンダの退団とクリスタル・パレス移籍が発表された。

 すでにブンデスリーガのハノーファーから日本代表DF酒井宏樹を獲得したマルセイユだが、純粋な新戦力は同選手とリヨンからフリーで獲得したアンリ・ベディモ、2部のトゥールから加入した21歳サイフ=エディヌ・ハウーイの3人のみ。他はレンタルからの復帰組とBチームから昇格してきた選手たちばかりだ。

 一方、退団が決まった選手は15人を超える。マンダンダをはじめ、アブデラシス・バラダ、ルーカス・オカンポス、バンジャマン・メンディ、ニコラ・ヌクルといった主力級が数多く流出した。

 昨季までレンタルで借り受けていた選手たちもチームには残らずすべて退団が決まっている。ユベントスに貸し出していたマリオ・レミナも完全移籍で買い取られた。また、大ブレイクしたFWミヒ・バチュアイも移籍が濃厚になっている。

 現在チームには長いシーズンを戦い抜けるだけの人数も揃っておらず、今後も戦力流出は続くとみられる。経験の浅い若い選手が在籍選手の大半を占めており、今季は13位と低迷した昨季以上の厳しいさ高いを避けられそうにない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 15:03

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。