ここから本文です

レアルの今夏補強第1弾は、U23日本代表を沈めた18歳のパラグアイ人FWか

フットボールチャンネル 7/3(日) 17:01配信

 今夏もすでに多くのビッグクラブが戦力補強に動きを見せている。そして、ここまで静観していたレアル・マドリーもいよいよ動き出しそうだ。その第1弾は、日本のU23代表を沈めた18歳のパラグアイ人FWになりそうだ。1日、スペイン紙『アス』が報じている。

 マドリーは、パラグアイのセロ・ポルテェーニョのFWセルヒオ・ディアスを500万ユーロ(約5億7千万円)で獲得するという。ディアスは現在18歳で、トップあるいはシャドーストライカーとしてプレーしている。

 16歳でプロデビューしているディアスは、南米でも有数の若手タレントと目されているが、マドリーは当面の間は、レアル・マドリー・カスティージョでプレーさせる予定ということだ。

 また、ディアスは、日本U23代表も参加した、先のトゥーロン国際大会に、18歳ながらパラグアイU23代表メンバーの一員として参加している。日本の初戦となった同国代表との一戦ではスタメン出場し、70分に決勝点となるFKを決めた選手といえば、記憶に残っているファンもいるのではないだろうか。楽しみな若手プレーヤーがまたヨーロッパへとやってきそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 17:26

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)