ここから本文です

ベイル、レアル対決実現にも「我々の相手はロナウドではない。ポルトガルだ!」

フットボールチャンネル 7/3(日) 18:00配信

 初出場となるEUROでついにベスト4までたどり着いたウェールズ代表。エースのガレス・ベイルは次戦のクリスティアーノ・ロナウド擁するポルトガル代表との一戦は、個人ではなくチームの戦いと強調している。1日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 ベイルは、嫌が上でも注目が集まるロナウドとのレアル・マドリー対決について、「これはポルトガル代表との試合であって、ロナウドとの試合ではないのだ」と過熱する報道にクギを刺す。

 また、優勝候補のベルギーに快勝したベスト8の一戦については「我々にはゲームプランがあり、完璧に遂行できた」と述べ、「我々は、我々自身に強い自信を持ち、我々が進む一歩一歩から学び、自分たちのスタイルを突き進んでいることを示しているのだ」と力強く語っている。

 そして、「まずはベルギー戦の勝利を祝いたい。ファイナルに行けるかは自分たち次第だ。我々はウェールズが経験したことのない歴史を作ることができる」と述べ、「1958年のワールドカップでベスト8に進んだチームに誇りを持っているが、今は我々の時だ」と続けた。

 そして、大会を通じ大声援を送り続けるサポーターにも「最高のサポートだ。彼らを愛している」と思いを伝えるベイル。ロナウドとのマドリー決戦に注目が集まるのは当然のことだが、今大会のウェールズがベイルだけのチームでないのはもはや明らかだ。チームに対する力強いコメントからも、ベルギー戦に続くジャイアントキリングを大いに予感させる。

フットボールチャンネル

最終更新:7/3(日) 18:15

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。