ここから本文です

アーセナル移籍決定の“ジャガー”浅野 才能に惚れ込むベンゲル「今後数年かけて成長させていく」

Football ZONE web 7/3(日) 22:00配信

公式サイトで完全移籍での獲得を発表

 アーセナルはサンフレッチェ広島の日本代表FW浅野拓磨を、完全移籍で獲得した。クラブ公式サイトでもこの一報を伝えているが、チームを率いるアーセン・ベンゲル監督が「我々は今後数年間かけて成長させていく」と、長期的プランで育成していく方針を示した。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 今年1月のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選では、決勝の韓国戦で2得点を挙げて一躍その名を轟かせた。圧倒的なスピードを武器とする浅野について、同サイトでは「2015年8月に日本代表デビューを飾った。A代表に5試合出場し、8月にはリオ五輪代表チームの一員として期待を寄せられている。Jリーグでも56試合11得点を記録し、成功を収めている」と浅野のキャリアについて紹介している。

 “ジャガー”の異名を持つ21歳の浅野には、ベンゲル監督も惚れ込んでいる模様だ。指揮官は契約の締結後、浅野の印象について以下のように語っている。

「タクマは潜在能力を持つ若手ストライカーで、将来に向けて非常にマッチした人材だ。彼は日本で印象的なキャリアのスタートを切っている。そして我々は今後数年間をかけて、彼を成長させていくことに前向きに臨んでいくつもりだ」

 過去アーセナルに所属した経験を持つFW宮市亮(ザンクトパウリ)も、加入直後にフェイエノールトなど他国クラブへと期限付き移籍した経験を持つ。長期的なスパンで浅野育成に臨もうとしているベンゲル監督の言葉からすると、浅野もまずはレンタル移籍での武者修行によって、欧州の地で経験値を積み上げることになるのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/3(日) 22:41

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革