ここから本文です

ビジネス専攻の学生がみる「最も魅力的な企業」とは? 上位15社を紹介

Forbes JAPAN 7/3(日) 18:00配信

調査・顧問会社ユニバーサム(Universum)はこのほど、世界各国でビジネスとエンジニアリング・ITを専攻する学生を対象に実施した「就職先として最も魅力的な企業」の調査結果を発表した。



調査対象としたのは、該当する専攻分野の学生26万7,000人以上。対象国は、国内総生産(GDP)の上位12か国(米国、カナダ、ブラジル、英国、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、日本、中国、インド、オーストラリア)だ。

これらの学生の採用に際して、最も良い待遇を提示している企業を明らかにする調査だといえる。

トップはグーグル

首位にグーグルの名が挙がったことは、驚くに値しないだろう。同社は、今年4月に米国の学生を対象にユニバ―サムが行った同じ調査でも1位だった。

1. グーグル(テクノロジー)
2. アップル(テクノロジー)
3. EY(コンサルティング)
4. ゴールドマン・サックス(金融)
5. プライスウォーターハウスクーパース(PwC、コンサルティング)

上記、今回の調査で5位までに入った各社をみると、テクノロジーと金融の分野が依然として高い人気を維持していることが分かる。また、各企業を業種別でみると、上位に目立ったのはテクノロジー系だが、リスト全体で最も多かったのはユニリーバ(20位)やネスレ(25位)をはじめ「FMCG(比較的短期間で消費される製品)」と呼ばれる日用消費財メーカーだった。

さらに、「消費財メーカーの順位には変動がみられた」という。例えば、今回初めてランク入りしたナイキ(16位)など、一部のライフスタイル・ブランドの人気が特に高まっている。

FMCGに次いで多かったのは、銀行、コンサルティングなどの専門サービスだった。

一方、自動車業界ではBMW(15位)やダイムラー・ベンツ(36位)が安定した人気を維持。銀行業界はテクノロジー業界に押され、全体的に順位を下げた。

5位~15位は?

以下、各国のビジネス専攻の学生たちにとって魅力的な就職先、5位から15位をを紹介する。

6. デロイト(コンサルティング)
7. マイクロソフト(テクノロジー)
8. KPMG(コンサルティング)
9. ロレアル(消費財)
10. JPモルガン(金融)
11. マッキンゼー・アンド・カンパニー(コンサルティング)
12. ボストン コンサルティング グループ(コンサルティング)
13. プロクター・アンド・ギャンブル(消費財)
14. モルガン・スタンレー(金融)
15. BMW(自動車)

Kathryn Dill

最終更新:7/3(日) 18:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。