ここから本文です

ドイツ・レーブ監督「高い戦術レベルを誇る2チームによるドラマ」

SOCCER DIGEST Web 7/3(日) 9:39配信

多くの名手が外したPK戦については「我々は幸運に恵まれた」。

 EURO2016準々決勝で、ドイツはPK戦の末にイタリアを抑え、準決勝進出を果たした。
 
 主導権を握って先制点も奪ったドイツだが、イタリアの抵抗に苦しみ、PK戦でも一度はリードを許すなど、まさに薄氷の勝利(記録上は引き分けだが)だった。
 
 それでも、最も重要な結果を残し、3大会連続のベスト4入りを果たしたドイツ。イタリア戦では負傷者が続出し、難しい采配を強いられたヨアヒム・レーブ監督は、この試合を以下のように振り返っている。
 
――◇――◇――
 
 高い戦術レベルを誇る2チームが戦い、延長戦を経てPK戦に突入した、まさにドラマのような試合だった。
 
 PK戦で失敗が続いたのも、ドラマチックだったと言えるだろう。経験豊富なベテランが外すこともあれば、若い選手が決めることもある。我々は幸運に恵まれた。
 
 今日のチームの戦い方について、何も言うことはない。我々は120分間を通して、とても良いプレーを見せていた。
 
 今後は、木曜日の試合(準決勝)に向けて身体を休め、体力を回復させることに専念するつもりだ。

【写真】ドイツがPK戦で”天敵”イタリアに勝利し準決勝へ!

最終更新:7/3(日) 13:45

SOCCER DIGEST Web