ここから本文です

世界に名を轟かせる大英博物館が 「泥棒博物館」と揶揄される理由は?

CREA WEB 7/3(日) 12:01配信

Magnificent View #1006大英博物館(イギリス)

 文化遺産の殿堂ともいわれる、イギリスが誇る大英博物館。いわずと知れた、世界最大規模のミュージアムだ。ご覧のグレートコートと呼ばれる屋根付きの中庭を囲むように、展示室が配置されている。

 収蔵されているのは、世界各地から集めた美術工芸品や文化財など、約800万点。パルテノン神殿の彫刻やロゼッタストーンのような、教科書で見たことがあるものも、ここに行けば実物を鑑賞することができる。

 これほど立派な博物館ながら、イギリス国内では「泥棒美術館」と皮肉られることも。それは、かつての植民地から無許可で持ち出された収蔵品も多いためだ。なかには、現在の文化財保護の観点からは国外持ち出しが許可されないような貴重なものもあり、収蔵品の返還運動もしばしば起きている。

 この博物館は、入場無料。運営資金は、来場者の寄付金とグッズの売り上げ金で賄われているという。訪れた際には、募金箱にぜひ気持ちを入れておきたい。

芹澤和美

最終更新:7/3(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2016年12月号
11月7日発売

定価780円(税込)

おいしいもの、買いたいものいろいろ
贈りものバイブル

毎日使いたいベストコスメ発表!
村上春樹「東京するめクラブ」より熊本再訪のご報告

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。