ここから本文です

妻に愛情を疑われる夫の態度TOP10

R25 7/4(月) 7:00配信

最近、妻の存在が徐々に当たり前になってきて、愛情表現や感謝の気持ちを伝える機会が減ってきているなぁ…なんて感じている人、いませんか? 「夫婦なんだから、皆まで言わずとも…」なんて思っているアナタは要注意! 普段の何気ないアナタの態度に、妻の心は少しずつ冷め始めているかもしれませんよ! 今回は、30~40代の既婚女性200人に「夫の愛情を疑う瞬間」について聞いてみました(R25調べ/協力 アイリサーチ)。

〈妻が夫の愛情を疑う瞬間TOP10〉
※1~3位まで回答。1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計

1位 一緒にいても会話が弾まなくなってきたとき 167pt
2位 言葉や行動(キスなど)で愛情表現がなくなってきたとき 110pt
2位 悩みや相談事を聞いてもらえなくなってきたとき 110pt
4位 夫婦生活をしなくなってきたとき・断られたとき 94pt
5位 病気の時に看病してくれなかったとき 84pt
6位 家事や仕事にねぎらいの言葉を掛けてくれなくなったとき 75pt
7位 励ましの言葉を掛けてくれなくなってきたとき 55pt
8位 (誕生日などに)プレゼントしてくれなくなったとき 34pt
9位 ご飯を作らなくなってきたとき 15pt
10位 洗濯や掃除をしなくなってきたとき 9pt

1位は「会話が弾まなくなってきたとき」。会話のコミュニケーションは、お互いへの興味・関心を測る重要なバロメーター。キスや夫婦生活などのスキンシップ以上に、会話こそが重要だと感じている妻は少なくないようです。あまり好きではない相手とは話が盛り上がらない…というのは、よく聞く話。それが夫婦間での状態だとすれば、うーん…確かにスキンシップどころではなさそうですね。では、TOP5の回答に対するコメントをチェック。

【1位 一緒にいても会話が弾まなくなってきたとき】
「興味が無いことがわかるので」(32歳)
「夫婦生活がうまくいっていれば、子どもの事や日常の事など普通に話すと思うから」(43歳)
「会話がないと、一緒にいる意味がない」(33歳)
「元々こんなもんで、話が合わなかったのかなと思ってしまう」(38歳)
「空気が重い」(47歳)

【2位 言葉や行動(キスなど)で愛情表現がなくなってきたとき】
「常に相手を思いやる気持ちを言葉にのせることができなくなったら家族じゃないから」(33歳)
「何気無い行動に本心がでると思う」(41歳)
「気持ちが分からなくなる」(32歳)
「いつもスキンシップで必ずどこか触っていたのが、触れなくなった」(49歳)
「相手が気持ちを言葉や行動に表す性格だと思うので」(31歳)

【2位 悩みや相談事を聞いてもらえなくなってきたとき】
「気持ちに寄り添ってもらえないと感じるから」(41歳)
「楽しいことや喜ばしいことだけでなく、一人で抱え込むのではなく 相手が悩んでいることがあるのでれば共有したい。 結婚とはそういうものだと思うので」(42歳)
「しょせんは他人と感じる」(46歳)
「結婚前は、よく話を聞いてくれていたから」(35歳)
「自分の大変なときに気にしてもらえないということだから」(37歳)

【4位 夫婦生活をしなくなってきたとき・断られたとき】
「隣に座るだけで避けられる」(46歳)
「相手を求めなくなった典型的な事だと思うから。 女性として見られていないと実感する」(48歳)
「他でしているのかとおもう」(32歳)

【5位 病気の時に看病してくれなかったとき】
「体調がすぐれずに横になっていても食事の支度を促される」(39歳)
「しんどいのに子供の面倒を見てくれない」(37歳)
「他人でも病気の時には気遣ってくれると思う」(46歳)

愛情表現の不足や困っている時の対応は、良くも悪くも、妻の印象に残りやすいようだ。また6位以下には、言葉やプレゼントなどで、気持ちを表現してほしいというコメントが相次いだ。

【6位 家事や仕事にねぎらいの言葉を掛けてくれなくなったとき】
「パートナーとしていつもお互いに感謝の気持ちを持つことは基本なので」(38歳)
「家事への励みが薄れる」(30歳)

【8位 (誕生日などに)プレゼントしてくれなくなったとき】
「家庭内の金銭の動きだからか、プレゼントされなくなった」(40歳)
「いつもお誕生日プレゼントを昔はくれていたから」(33歳)

仕事に忙しい毎日の中で、つい忘れてしまいがちな妻のありがたみ。ときには、悩みや愚痴を聞いてあげたり、労いの言葉をかけてあげたりと、日々の生活の中でさりげない優しさを見せることで、感謝の気持ちを伝えることはできそう。スキンシップや直接的な愛情表現が照れくさくて苦手だというアナタは、自然な振る舞いで妻への愛を示してみては?

(R25編集部)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/4(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。