ここから本文です

最近よく聞く「ほぼほぼ」問題 不快、大嫌いの声も

R25 7/4(月) 7:00配信

いつの時代も、生まれては消えていく新語。近年だと「ワンチャン」「それな」「とりま」など、日々新しい言葉や表現は生まれているが、そのひとつとして「ほぼほぼ」が注目され、その是非を問う議論がネットで盛り上がっている。

6月30日付の朝日新聞に、「『ほぼほぼ』、ほぼほぼ定着?新表現から見える今とは…」という記事が掲載された。これは、最近耳にする機会が多い「ほぼほぼ」という表現について、街の声や専門家の意見を聞いたもの。記事によれば、確認された“最古の例”は1998年8月にあるブログに登場したもので、『三省堂国語辞典第7版』には、「ほぼ」の注釈に「俗に、重ねて使う」と記されているという。

「ほぼほぼ」がどれだけ世間一般で広く使われているかは、ツイッターをみれば明らかだ。「ほぼほぼ」を含むツイート数は、この1カ月間、1日あたり3000件台で推移しており、その使用法は、

「11日の夜勤がほぼほぼ確定。夜勤だと押さえてた12日の朝の飛行機に間に合わない…」
「今日はほぼほぼタダ働きだったな(-_-;) ま、投資したと思うことにしよう」
「電波悪すぎて…昼休みはほぼほぼゲーム出来ない…」

といった具合。 ニュアンスの違いはあるのだろうが、「ほぼほぼ」と「ほぼ」は、ほとんど同じ意味で使われていると考えて差し支えなさそうだ。

前述のとおり、“俗に”と但し書きが付いているとはいえ、一部の辞書にも掲載されている「ほぼほぼ」だが、日常生活で使う時には注意が必要なようだ。上述の記事をきっかけに、ツイッターでは「ほぼほぼ」が話題になっているが、

「自分も結構使ってますね」
「めっちゃ使うな……」
「いつの間にかワシも使うようになってたな」

という声がある一方、

「使われると結構イラッとくる」
「これ使ってるとバカっぽいよなあww」
「個人的には大嫌いな言い回しで、『ほぼほぼ』が出てきた瞬間に怖気が走り以後の話しは聞こえない」
「ほぼほぼなんて言葉使うひと、仕事できなそう」
「これを多用する社員が居るんだけど、聞いているとだんだん不快になってくる」

など、嫌悪感を覚える人は確かに存在する。使う相手と場所を選んだ方がよいのかも?
(金子則男)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/4(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。