ここから本文です

知ってた?きょう7月4日は「シーザーサラダの日」

東京ウォーカー 7/4(月) 6:00配信

きょう7月4日は「シーザーサラダの日」。知らないな~人も多いだろうがそれも当然、昨年2015年に制定されたまだ新しい記念日なのだ。

シーザー氏が作った最初のシーザーサラダには「ロメインレタス」が使われていた

■なぜ7月4日が「シーザーサラダの日」なの?

メキシコのシーザー・カルディニ氏が、1924年7月4日に「シーザーサラダ」を生み出したことに由来しているため。シーザー氏が、キッチンにあったロメインレタスやパルメザンチーズ、クルトンなどの材料をかき集め即興で作ったサラダが評判となり、「シーザーサラダ」としてアメリカ、さらに世界へと広がったといわれている。

■シーザーサラダの材料に決まりってある?

ロメインレタスやクルトン、パルメザンチーズなどの材料で作られたサラダがオリジナルレシピとされている。でも現在では、さまざまな野菜や具材を使ったアレンジもOKとされている。今はチーズたっぷりのドレッシングをかけて食べるのが一般的だが、元祖シーザー氏のドレッシングには、ウスターソースが使われていたとか。

■どんなときにシーザーサラダを食べている?

キユーピーの調査によると、デート、合コン、記念日などで外食した際、サラダに迷ったら20~30代は「まずシーザーサラダを選ぶ」という結果が。質問した10のシチュエーションのうち、「家での普段の食事」を除く、9のシチュエーションで「シーザーサラダ」が1位という結果に! 特に、デート、合コン、記念日では、2位以下のサラダを大きく引き離しダントツの1位となった。20~30代にとっては気合の入った会食でのおしゃれサラダとして認識されているようだ。

冷蔵庫にある野菜で、家でも簡単に作れるシーザーサラダ、記念日に合わせて週末などに作ってみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/4(月) 9:01

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ