ここから本文です

欅坂46初主演作、要注意人物はあの不思議ちゃん!?

Smartザテレビジョン 7/4(月) 6:00配信

7月16日(土)よりテレビ東京系でスタートする土曜ドラマ24「徳山大五郎を誰が殺したか?」の記者会見が行われ、連ドラ初主演を果たす欅坂46のメンバー21人が出席した。

【写真を見る】メンバーから「最も怪しい人物」に認定された渡辺梨加はこの表情

本ドラマは、企画・原作を秋元康が手掛けるミステリー&コメディー学園ドラマ。欅坂46扮(ふん)する私立欅学園3年C組の生徒たちが、教室で発見された担任教師・徳山大五郎(嶋田久作)の遺体と過ごす異様な日々をコミカルに描く。

ドラマへの意気込みを聞かれた平手友梨奈は「みんなでいい作品を作りたいです!」、守屋茜は「全員で初主演を迎えられることが本当にうれしい。難しいことに直面しても、みんなで乗り越える覚悟です!」と、それぞれドラマに懸ける思いを語った。

また、ドラマのタイトル通り“誰が担任教師を殺したのか”が、見どころとなっているが、メンバーもまだ犯人を知らないという。「誰が怪しいと思うか?」という質問に、一番票が集まったのは、日ごろもドラマ中も“超マイペース&不思議ちゃん”な渡辺梨加。本人は戸惑いつつ「えええ~…私じゃない、と思います…」とコメントした。

さらに、会見の進行は紺野あさ美アナが担当。“新旧アイドル”の顔合わせとなったことで、後輩へのエールを求められた紺野アナは「遺体と(の時間を)楽しんでください!」と切り替えし、この日一番会見を盛り上げていた。

最終更新:7/4(月) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。