ここから本文です

永野が“エゴサーチ”の悪評にキレまくり…衝撃発言!

Smartザテレビジョン 7/4(月) 8:00配信

7月4日(月)の「EXD44」(夜0:15-0:45ほか、テレビ朝日系)は、『そこまで言われる筋合いないぞ 怒りのエゴサーチグランプリ』を放送。

【写真を見る】バカリズムらはエゴサーチの悪評を見てどんなコメントを寄せるのか!?

「エゴサーチ」とは、インターネット上で自分の名前を検索し、世間での評判、中でも特に悪評・悪口を自ら調べること。そんな恐怖の検索に、個性派芸人の永野、熊切あさ美、山田ルイ53世(髭男爵)が勇気を出して挑戦する。誰が一番、ネットでボロクソに言われているかを競い合う。

一連の恋愛スキャンダルで世間を騒がせた熊切は「“熊切”“未練”」でエゴサーチすると、“未練がましく被害者面”“何弱者ぶっているんでしょう”といきなり一刀両断された。そんな辛らつなコメントに「私、自分が強いと思ってます。だって、よく恥ずかしげなくテレビに出てんなって思ってますもん!」と、熊切も負けじと涙目で自虐コメントをした。

片や、最近テレビへの露出が激減している山田ルイ53世は、“君は「エンタの神様」がゴリ押ししただけの一発屋芸人”“過去の栄光だけを引きずって落ちぶれていくのみだろう”との言われように「人を異常にたたく人間はミーハーであることに変わりない」と、バラエティーであることをすっかり忘れて真面目に猛反論。

そんな中、“嫌い”“面白くない”とディスる書き込みに対し、永野はキレまくり。ついには完全にブチキレ「こんなこと初めて言うけど…」と、“世間を完全に敵に回しかねない衝撃発言”を繰り出し始める。

ネットにはびこる自らへの誹謗中傷を、現実のものとして容赦なく突きつけられる3人。誰が一番ボロカスに言われているのか、一般人30人が一番同情した人を選び、その総合得票数で順位を争う。

果たして同情票を一番多く集めるのは誰なのか。そして、決して他人事ではない企画に対し、バカリズムとYOU、スタジオゲストのビビる大木は何を語るのか。

これを見てしまったら、番組が終わった後“エゴサーチ”する有名人はもはやいないかも?

最終更新:7/4(月) 8:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。