ここから本文です

出雲咲乃の新曲が三上博史ドラマの主題歌に決定!

Smartザテレビジョン 7/4(月) 19:26配信

シンガーソングライター・出雲咲乃の新曲「世界のしかけ」が、7月7日(木)よりスタートするドラマ「遺産相続弁護士 柿崎真一」(日本テレビ系)の主題歌になることが決定した。

出雲は、福岡・北九州生まれの19歳。漫画家になるか、ミュージシャンになるか迷った彼女は「ミュージシャンの方が手っとり早そう」という理由から16歳の時にギターを購入し、制作活動を開始。

サンプラーを用いず、パソコンだけで制作したというデモテープと、独特の世界観が「SDRオーディション」の審査員の耳に止まり、見事オーディションの初代合格者に。

ことし4月に、1stシングル「当流女」でデビュー。ホーンセクションをはじめとしたジャジーなサウンドと和のテイストが魅力の同曲は、BS朝日のスペシャルドラマ「女優墜ち」の主題歌にも抜てきされた。同曲のミュージックビデオも、新人としては異例のYouTubeで10万回以上再生されるなど、各方面で話題となっている。

また、7月30日(土)から開催される体感型イベント「FLOWERS BY NAKED」のイベントテーマソングに、新曲「はないちもんめ」が起用されることも先日発表されたばかり。音楽好きの間では今一番注目されていると言っても過言ではないアーティストだ。

今回主題歌に決定した「世界のしかけ」は、「脚本を読んですぐ曲のイメージが湧いた」という出雲が一晩で作り上げたという楽曲。今までの彼女の楽曲とは一味違う、直球で疾走感のある仕上がりとなっているという。どのような楽曲になるのか、注目だ。

最終更新:7/4(月) 19:26

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。