ここから本文です

スカイツリーで「ペンギンの赤ちゃん」誕生、お披露目スタート

東京ウォーカー 7/4(月) 22:00配信

すみだ水族館(東京・墨田区)は、マゼランペンギンの子どもが6月16日に生まれていたことを発表した。明日7月5日よりお披露目をスタートする。

【写真を見る】「赤ちゃんらしい姿」は、たった3か月しか見られないのだそう

館内で飼育しているマゼランペンギン「わらび」が2016年5月7日(土)に産卵。館内で人工孵化を行ない、6 月16日(木)3 時5 分頃に無事に孵化が確認された。

赤ちゃんの様子は館内「ペンギンのゆりかご」ブースで間近に見られるほか、壁面の黒板では飼育スタッフの手書きによる赤ちゃんの成長状況なども報告されている。

お披露目にあわせて、誕生したペンギンの赤ちゃんの名前も募集中だ。「元気な東京」をイメージした名前を館内で募集し、その中から9月下旬~10月初旬ごろに発表する予定という。

赤ちゃんは、体長約 12cm・体重約100gで誕生。なんと3か月ほどで、成鳥とほぼ変わらない体長60~70cmまでぐんぐん成長するという。生後間もない、愛らしいペンギンの赤ちゃんを見るなら今しかない、というわけだ。スカイツリー観光と合わせて夏休みに行ってみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/4(月) 22:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。