ここから本文です

出発までに、山登り初心者が揃えておきたいものは?

エイ出版社 7/4(月) 17:00配信

楽しい思い出作りの第一歩

山では基本、「自己責任」がルール。初心者も経験者も関係なく、大自然のなかに入ったら、自分のことは自分でできるよう、しっかりと装備を揃えておきたいもの。わからないことは事前にしっかりと確認し、安心して出発できるよう準備をしておくことが楽しい思い出作りの第一歩だ。

「みんなで山を楽しもう」をモットーとする山好きのための情報サイト『Share the Mountain 誰かを誘って、山に行こう!』から、山ビギナーが初めて山に行く前に揃えておきたいアイテムをご紹介しよう。

まずはこちらの必須アイテム4つから!

自分の足に合ったトレッキングブーツ
初めての登山には自分の足に合った登山靴を。スニーカーは不整地の登山道では滑りやすい。楽しく安全な山登りにするためにも、ぜひ揃えたいアイテム。


山の天気は変わりやすい! レインウエア
山の天気は変わりやすいもの。急な天候悪化に対応できるよう、レインウエアは必須アイテム。肌寒いときの防寒具としても活躍してくれる。


飲み水を持ち運ぶナルゲンや水筒
山では、登り始めてから下山するまでの飲み水は持って歩くのがルール。必要な量の飲み水を確保して、持ち運べるナルゲンや水筒は必須アイテム。


山に親しむための山の地図
連れて行ってもらう立場でも、山ではひとり1枚地図を持って歩くのが鉄則。歩くうちに地図の見方がわかってくれば、登山の楽しみも2倍に!

さらに持ちたい4アイテムがこちら

山の小さな楽しみ 行動食
長時間体を動かす登山では、エネルギー切れにならないよう、こまめに食べたり飲んだりすることが大切。塩分・糖分がバランスよく採れるのが理想だ。


機能性の高いアンダーウエア
最初から全部ウエアを揃えるのは難しいもの。レインウエアなどの三種の神器を揃えたら、次はベースレイヤーに注目。吸湿速乾性のあるものを選ぼう。


紫外線から目や髪を守る帽子やハット
標高が高くなるにしたがって、紫外線量も多くなる。直に浴びると肌に悪影響を及ぼすだけでなく、疲れの原因にもなるため、帽子などで遮断して。


万が一のときに役立つヘッドランプ
万一道に迷って下山が遅くなってしまった場合に心強いのがヘッドランプ。何かあったときに自分の居場所を知らせるのにも役立つ。日帰りでも持っておきたい。

文◎ランドネ編集部
イラスト◎別府麻衣

最終更新:7/4(月) 17:00

エイ出版社

なぜ今? 首相主導の働き方改革