ここから本文です

各党キャッチフレーズ、3年前と比較して何が変わったか

政治山 7/4(月) 17:30配信

 参院選での各党の公約キャッチフレーズを、前回2013年参院選での公約と比較すると、この3年間の社会の変化が反映されていることが分かります。前回と今回の参院選ともにキャッチフレーズを出している政党の新旧キャッチフレーズを比較してみました。

自民 2013「実感を、その手に」⇒2016「この道を。力強く、前へ。」

 自民党は前回の「実感を、その手に」から、「この道を。力強く、前へ。」に変化しました。2013年7月と言えば、第2次安倍政権誕生から半年余り。公示日の2013年7月4日の日経平均株価終値は15,437円で右肩上がりでした。政権交代が確実視された2012年12月4日の衆院選公示日の終値9,432円から6,000円余りも値上がりし、「アベノミクス」はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

 それだけに、自民党も「実感を、その手に」と、景気上昇を強調してアベノミクス成功を高らかにPRしていました。ちなみに、安倍首相がNY証券取引所で「Buy my Abenomics」と演説したのは、選挙から2カ月後の9月でした。

 今回は、公示日6月22日の日経平均株価終値が16,065円と、前回公示日の価格よりも600円程度上昇しています。しかし、消費マインドは「あべこべ」と言っていいでしょう。景気が上昇し続けていた前回に比べ、今回は年初から株価が下落基調をたどり、アベノミクスに対する風当たりもきつくなっています。消費増税も延期を発表し、実質賃金や成長率も伸び悩んでいます。

 「この道を。力強く、前へ。」というメッセージに、アベノミクスを信じて前進しようと呼びかける自民党の思いが見えてきます。

民進(民主) 2013「暮らしを守る力になる」⇒2016「人からはじまる経済再生。」

 民進党は前回の参院選では絶好調のアベノミクスに対して、前政権と比較されることを避けたかったのか、経済に関するワードがなく、漠然としたフレーズでした。今回、消費増税の延期や株価下落基調などを受けて、経済再生という言葉を用いて安倍政権に対する対決姿勢を前回よりも明確に打ち出した点に変化が見られます。

1/2ページ

最終更新:7/4(月) 17:30

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。