ここから本文です

ちょっと待って。セルフィーはシワの原因になるかも!?

ハーパーズ バザー・オンライン 7/4(月) 12:24配信

先日ロンドンで開催された肌美学に関する会議で、皮膚科医たちが自撮りによってシワが増えることを発表した。

「たくさん自撮りをする人やブロガーの皆さんは気にかけた方がいいですね」とリニア・スキン・クリニックのディレクター、サイモン・ゾーキー博士。「スクリーンからのブルーライトも肌にダメージを与えます」

「日焼け止め製品は市場に出回っていますが、ギャップがあるというのが私の考え。なぜなら、自撮りを多くする人が私のところにやってくるのですが、肌にダメージや老化を起こしているケースをよく見るのです。サンスクリーンでは防げない異なるタイプの放射線なのです」

スマホに裏切られたのはこれが初めてではない。常に下を向いてスクリーンを見ていることで恐ろしい首コリ“テック・ネック”が起こるし、バクテリアがたっぷりついたスマホを顔にくっつけることで吹き出物やシミができる。こうした要因が、日々少しずつ私たちの肌にダメージを与えているのだ。

「臨床的に見て、その人が右手でスマホを持っているのか左利きか、わかります」と、ゼイン・オバジ博士。「顔の片側の肌だけ、くすんだ、汚れた質感になるのです」

最終更新:7/4(月) 12:24

ハーパーズ バザー・オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ハーパーズ バザー

ハースト婦人画報社

2017年1・2月合併号
2016年10月20日発売

特別定価:700円

1867年にNYで誕生した世界初の女性
ファッション誌『ハーパーズ バザー』。
厳選された情報を美しいビジュアルと
ともに発信しています。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。