ここから本文です

初対面の相手はここを意識する!? 好印象を与える「話し方」のポイント

ライフハッカー[日本版] 7/4(月) 20:10配信

こんにちは。恋愛スタイリストの石田明です。

春は出会いや別れの多い季節です。皆さんも、新しい出会いが多くなってくるのではないでしょうか。そこで気になるのが、初対面の人に自分がどのような印象を与えているのか? ということ。ちょっとしたコツでグンと印象は変わるので、初対面で好印象を与えるための「話し方」のポイントをチェックしておきましょう。

■ 声の大きさ、スピード

初対面の相手は、あなたの話す声の大きさ、スピードを意識します。そして、自然とそれに合せて話そうとするものです。あなたの声が小さいと相手の方も合せて声が小さくなり、「あまり楽しく会話ができない人」という印象を持たれかねません。ぼそぼそと喋らないように、なるべく声を張るようにしましょう。

スピードは自分がちょうどいいと感じるスピードよりも少しゆっくり目にした方が良いです。相手が速くてスピードについていけないなんて事にならないように、ゆっくり目で様子を伺い、相手が窮屈そうでなければ徐々にスピードを上げていきましょう。


■ ジェスチャーを入れる

せっかく会って話をしているのに、動いているのがお互いの口だけなのはもったいないです。話している内容に対して少しでも良いので、手や身体でジェスチャーを入れてみましょう。ジェスチャーを入れると、伝えたい気持ちがより大きく伝わります。「分かりやすく伝えようとしているんだな」という優しい印象を持ってもらえるので、大変効果的です。


■ 第三者も意識する

直接会話している相手への話し方だけでなく、第三者に対しての話し方も知らず知らずのうちにチェックされています。例えば食事に出かけた時、お店を出る時に「ごちそうさまでした」や「また来ますね」などの軽い挨拶をすると、とても好印象です。逆に、何も言わずにお店を出たりしてしまうと、「愛想の無い人なんだな」と思われてしまうこともあります。自分だけでなく、ちゃんとまわりにも気を配れているかどうかがチェックポイントです。さりげなく気を配るように心がけましょう。

初対面の相手との会話では、少なからず緊張してしまうものです。以上のポイントがいざという時でもさらっとできるように、普段から実践してみてください。

(石田明)

最終更新:7/4(月) 20:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事