ここから本文です

球宴初出場・カープ鈴木誠也、高校時代から目標の勝負強い打者へ成長。小学生時代からプロを嘱望された逸材

ベースボールチャンネル 7/4(月) 18:50配信

小学生の頃から地元ではその名が知れ渡る

 首位を独走するカープ。好調の打線の中で、注目すべきは高卒4年目・鈴木誠也の存在感だ。そして4日、監督推薦でマツダオールスターゲーム2016初出場が決定した。


 今から4年前の9月。二松学舎大付・鈴木誠也は、2日前に見てきたというプロ野球の話をしていた。

「一昨日、巨人対広島を見てきたんですけど、坂本(勇人)選手は得点圏にランナーがいると絶対に打ちそうな雰囲気があって。坂本選手のような勝負強いバッターになりたいです」

 この1カ月後に行われたドラフト会議で、広島から2位指名を受けてプロ入り。1年目から出場機会をつかむと、4年目の今季は交流戦で3試合連続の決勝本塁打を放つなど、大ブレイク。7月1日時点で、打率.304(得点圏打率.300)、11本塁打、41打点、9盗塁と、文句のつけようのない成績を残している。自身が目標にしていた勝負強いバッターに、成長しつつある。

 出身は東京都荒川区。小学2年から荒川リトルで野球を始め、中学では荒川シニアでプレー。地元では小学生のときから、「打っても投げても走ってもすごいやつ」とその名は知れ渡っていた。

「センス抜群。特に足と肩の能力が抜きんでている。小さい頃から、プロに行くと思っていました」(荒川リトルシニア・石墳成良 事務局長)

 中学時代はエースとして春夏連続で全国大会に出場。すでに最速138キロのストレートを投げ込んでいた。
 高校は、二松学舎大付に進学。鈴木の父と市原勝人監督が荒川区出身で、中学時代からよく知る関係という縁もあった。
 鈴木は1年時にすでに140キロの大台をクリアし、1年秋にはエース格に成長した。

「足が速くて、肩もある。将来的には野手で活躍する選手だと思っていましたが、1年時から140キロを投げていて、ピッチャーとしても十分な力を持っていました」(市原監督)

 甲子園には出場できなかったが、50メートル走5秒8の足と、投手として最速147キロを投げる肩、高校通算42本のバッティングと、どれも高校生離れしたもの。投打の柱として、チームを引っ張り続けた。

1/2ページ

最終更新:7/4(月) 18:50

ベースボールチャンネル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。