ここから本文です

電子回路を描けるペン「AgIC」で灯る街並みを映す関電工のWebムービー

KAI-YOU.net 7/4(月) 20:08配信

株式会社関電工より、特殊な電子回路ペンを使ったWebムービー「光を灯す/future with bright lights」が公開された。

【写真をすべて見る】関電工のWebムービー「光を灯す/future with bright lights」

ムービー内では、電子回路ペン「AgIC」(エージック)で紙に線を描き、インクに電気が通ることで明かりが灯り、ユニークな仕掛けで建物や街灯などの街並みが立体的に現れていく様子が映し出される。

電子回路ペン「AgIC」で明かりが灯る不思議な街並み

「AgIC」は、東京大学発のベンチャー企業・AgIC社が手がけた、電気を通すインク「銀ナノ粒子インク」を使用した電子回路ペン。

描くだけであらゆる場所に電子回路がつくれる画期的なプロダクトとして、国内外で注目を集めている。

今回公開されたWebムービーは、平面上に配置されたLEDとボタン電池を「AgIC」で描いた線でつなぐことで電気が通り、発光する仕組みを活用したもの。

ビルや街灯、人々やタワーなど、電子回路ペンの線でつながることで、命が吹き込まれていくかのように次々と明かりが灯っていく。

クモの巣のような平面図が起き上がってタワーになったり、描いた円が建物に変身したりと、さまざまな仕掛けで立体化していく街並みにも注目だ。

撮影の際には、途中で線が途切れないように試行錯誤を繰り返しながら何度も練習を重ねたという。

平面の建築図形が立体になっていく仕掛けは、飛び出す絵本をヒントに制作されたものとなっている。

ペンを動かす手のアクションやアングル、カメラワークなど、何度もリテイクを重ねて細部までこだわり制作された、テクノロジーとアートの融合によるユニークなムービーに仕上がっている。

ちなみにこの「AgIC」、Amazonでも購入することができるので、アート作品の制作や夏休みの自由研究などでぜひ試してみてはいかがだろうか。

かまたあつし

最終更新:7/4(月) 20:38

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。