ここから本文です

ジョニー・デップ、亡き母への追悼ディナーを開催。

VOGUE JAPAN 7/4(月) 22:30配信

ジョニー・デップが先月29日(現地時間)、亡き母を追悼する夕食会を開催した。ジョニーは娘のリリー・ローズと息子のジャック・ジョン・クリストファーと共に5月20日(現地時間)に他界した母ベティ・スー・パーマーを偲ぶ会をロサンゼルスにあるアゴ・レストランで行った。ある関係者はその様子を『エンターテイメント・トゥナイト』に「ごく一部の親族と友人だけで夕食会を開き、笑いながらジョニーのお母様の思い出を共有しました。出席者たちはそのパーティーを『彼女の人生の祝宴』だと呼んでいましたね」と話している。

『TMZ』が報じたところによれば、その会にはジョニーの姉妹や家政婦、母のネイル担当者なども出席していたという。

ベティさんが長年の闘病生活の末、81歳で他界した3日後、ジョニーの妻アンバー・ハードがジョニーによる家庭内暴力を理由に離婚を申請していた。それ以来、アンバーはジョニーに対して接近禁止令を獲得しており、2015年2月に挙式した2人には婚前契約は交わされていなかったようで離婚調停は泥沼化している。

ジョニー・デップ、亡き母への追悼ディナーを開催。

最終更新:7/4(月) 22:30

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。