ここから本文です

知られざるコーヒーとカフェインの意外な関係

ライフハッカー[日本版] 7/4(月) 22:10配信

日の出がだんだん早くなってきました。もう春ですね。

春といえば、「春眠暁を覚えず」。暖かい気候についウトウト...なんてことにならないためにも、1杯のコーヒーはありがたいものです。

さて、ビジネスパーソンにとって身近な飲み物のコーヒーですが、意外に、コーヒーとカフェインの関係については、あまり知られていません。

米スターバックスの共同創業者で米雑誌『Atlantic Monthly』のブロガー、Jerry Baldwinさんによると、コーヒーは豆の品種とブレンド方法がカフェイン含有量の決定要因だそうで、ある調査で90種類のアラビカ系品種をカフェイン量の比較検証を行ったところ、カフェイン含有率に0.42%から 2.9%までのばらつきが出たとのこと。一方、焙煎の深浅はカフェイン量とは関係がないらしいです。

そのほか、彼は、コーヒーとカフェインの関係について、以下の点も紹介しています。

● 豆の品種によって、カフェイン含有量がきまる

● アラビカ(Arabica)はロブスタ(Robusta)の半分のカフェイン量である

● 豆の焙煎度合いは、カフェインに何ら影響しない

● アラビカ豆で抽出したエスプレッソのカフェイン含有量は、1杯あたり平均70ミリグラム。ドリップコーヒー12オンスカップだと、1杯あたり平均200ミリグラム

コーヒーもなかなか奥深いですね。

みなさんは、どのコーヒーが好きですか? 朝のお目覚め用、仕事の合間のリフレッシュ用など、それぞれお勧めがあればぜひ教えてください。それではコメントをどうぞ。

Appreciating Coffee Like Wine [The Atlantic Food Channel]
Kevin Purdy(原文/松岡由希子)

最終更新:7/4(月) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

ライフハッカー[日本版]の前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。