ここから本文です

5戦5分でEURO4強進出の強運ポルトガル指揮官 躍進ウェールズは「明日など来ないような戦いをする」と警戒

Football ZONE web 7/4(月) 9:20配信

90分以内では今大会未勝利のサントス監督

 ポルトガル代表は欧州選手権(EURO)の準決勝で初出場ながら4強に勝ち上がったウェールズ代表と激突する。この一戦は両チームのエースFWクリスティアーノ・ロナウドとFWギャレス・ベイルというレアル・マドリードで活躍するスーパースターの対戦ということに大きな注目が集まっている。ポルトガルを率いるフェルナンド・サントス監督は「2人の対戦が試合を決めるわけじゃない」と気を引き締めている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ポルトガルはグループステージを3引き分けで決勝トーナメントに勝ち上がった。16強クロアチア戦では延長戦の末に辛くも勝利を収めると、8強のポーランド戦もPK戦で決着と未だ90分間での勝利がないままでこの準決勝まで勝ち上がった。

 エースのロナウドはグループステージ第3戦のハンガリー戦で2得点を記録し、史上初となるEURO4大会連続得点を達成。クロアチア戦でもFWリカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)の決勝ゴールを導くシュート放ち、ポーランド戦では1人目のキッカーとしてPKを成功させた。ウェールズ戦でも鍵を握る存在となることは間違いない。サントス監督も全幅の信頼を寄せている。

「クリスティアーノ・ロナウドはこのチームのキャプテンとして模範的な存在だ。彼は素晴らしい仕事をしてくれているし、勝利を望んでいる」

 ウェールズとの大一番は「ロナウド対ベイル」という世紀のスター対決に大きな注目が集まっている。13年からレアルで共にプレーする2人がピッチで火花を散らすが、指揮官はこの2人の対戦ばかりに気を取られているわけではない。

「ロナウド対ベイルにあらず」とチーム力にフォーカス

「我々は偉大なチームと対戦する。ロナウドとベイルの対決が試合を決めるわけではないだろう」と断言。ウェールズへの賞賛を惜しまず、チームとしての実力に強い警戒心を抱いている。

「ウェールズはまるで明日など来ないかのような姿勢で試合に臨んでくる。ピッチで全てを出してくるだろう。彼らは偉大なチーム。とてもよく組織されているし、(クリス・コールマン)監督は何をすべきかを理解している」

 低調なスタートを切ったポルトガルだが、今回のEUROでは恵まれた。今大会90分間での勝利は一度もなく、今大会5引き分けで4強進出という衝撃的な強運ぶりから優勝候補に押す声も出ている。

「タフな戦いになるが、我々は勝てると確信している」自信を深めたサントス監督の下、EUROでは1996年大会から6大会連続で準々決勝進出を果たしたポルトガルは悲願の初優勝を果たせるか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(月) 9:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。