ここから本文です

イングランド代表の新監督候補にジェラード急浮上! “指導歴ゼロ”の元主将と交渉へ

Football ZONE web 7/4(月) 10:00配信

乱立する候補者の一人に浮上した“レジェンド” サプライズ人事となるか

 欧州選手権のベスト16で敗退したイングランド代表はロイ・ホジソン監督の辞任に伴い、新監督の選定を進めている。そして、候補者に意外なビッグネームが急浮上している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は、元イングランド代表キャプテンで現在LAギャラクシーでプレーするMFスティーブン・ジェラードが、ホジソン監督の後任候補の1人となり、イングランドサッカー協会(FA)が交渉を持つとレポートしている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 リバプールのレジェンドは指導歴ゼロで、実現すればサプライズ人事となる。FAはU-19代表の監督としての関与も求めているという。

 36歳となった名手は、昨季終了時点で下部組織から28年間過ごしたリバプールを退団。アメリカに渡りLAギャラクシーに新天地を求めたが、今季限りで現役を引退し、将来的にリバプールかFAで指導者としてのキャリアを積み上げていく計画を明かしていた。

 イングランド代表監督候補にはU-21イングランド代表のギャレス・サウスゲート監督の昇格や、アーセナルの名将アーセン・ベンゲル監督の招聘、元ブラジル代表監督のルイス・フェリペ・スコラーリ氏の売り込みなど、様々な名前が浮上している。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(月) 10:00

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。