ここから本文です

FWペッレ、屈辱のPK失敗に「イタリア国民に謝罪したい」

フットボールチャンネル 7/4(月) 9:02配信

 ドイツとのPK戦に敗れ、EURO2016から姿を消したイタリア代表。PKを外し、非難を浴びているFWのグラツィアーノ・ペッレは、その失敗をイタリア国民に謝罪した。3日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 帰国の途に就くフランスの空港でインタビューに応じたペッレは、PK前にチップキックを蹴るジェスチャーをしたことについて「挑発するつもりもなかったし、自分自身の準備のためでもなかった。ただ、GKマヌエル・ノイアーが正面のポジションから動かないようにと願っていたが、彼は私のジェスチャーに気付いていないようだった」と振り返っている。

 そして、「イタリア国民に謝罪したい。自分と(同じくPKを失敗した)シモーネ・ザザはいつも練習では決めていたのだが、不幸にもこうなってしまった」とペッレはコメントした。

 報道陣からの、いい大会だったか、という問いに、30歳の遅咲きのストライカーは「今は何も考えられない」と答えるだけだった。FW陣の柱として、今大会2得点を挙げる活躍を見せていたペッレにとって、初の国際舞台はあまりに無情な結末となってしまった。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 9:53

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)