ここから本文です

新山詩織、松雪泰子主演映画『古都』エンディング曲で中島みゆき「糸」をカバー

リアルサウンド 7/4(月) 13:30配信

 新山詩織が、松雪泰子主演、橋本愛、成海璃子共演の映画『古都』のエンディング曲を担当することを発表した。

 今回エンディングに起用される楽曲は、「糸」(作詞作曲:中島みゆき)のカバー。同曲は、BANK BANDや福山雅治、森山直太朗、JUJU、クリスハートなど数々のアーティストによってカバーされてきた。

 映画『古都』は11月26日京都先行公開、12月3日に全国公開となっており、エンディング曲「糸」のリリース日は現在未定となっている。

■新山詩織コメント

今回、映画「古都」のエンディング曲を歌わせて頂くことになり本当に光栄です。
今を精一杯紡ぎながら生きる人たちに、この「糸」という楽曲が寄り添ってくれるのではないかと思っています。
映画「古都」と共に「糸」も楽しみにしてください

リアルサウンド編集部

最終更新:7/4(月) 13:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。