ここから本文です

ペップ、レアルから司令塔を86億円で強奪? EUROでもドイツ代表を牽引中

フットボールチャンネル 7/4(月) 10:20配信

 マンチェスター・シティのジョセップ・グアルディオラ監督はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロースの獲得を切望しているという。3日付け『ザ・ミラー』が報じた。

 今季からシティのベンチに座るグアルディオラ監督は、バイエルン監督時代にクロースとチームを共にしている。その実力を知る同指揮官はマドリーだけでなくドイツ代表でもなくてはならない存在のクロースの獲得を強く望んでおり、移籍金に7500万ユーロ(約86億円)を支払う用意があるとしている。

 マドリーにはユベントスのフランス代表MFポール・ポグバ獲得の噂があり、ポグバ加入次第ではクロースのチーム内での立場が変わる可能性が高い。元恩師のもとへ移籍する可能性が高まっている状況だ。

 現在開催中のEURO2016でもドイツ代表を牽引しているクロース。今夏の去就に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 10:22

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。