ここから本文です

メッシの代表引退表明に…C・ロナウドは理解示す。一方で将来的な復帰を望む

フットボールチャンネル 7/4(月) 10:50配信

 アルゼンチン代表のリオネル・メッシが代表引退を表明したことで、永遠のライバルとされるクリスティアーノ・ロナウドもこの話に言及した。3日に仏メディア『Le Buteur』が報じている。

 現地時間6月26日に行われたコパ・アメリカ決勝戦の後に代表引退を宣言したメッシ。衝撃な出来事だっただけに、アルゼンチン国内にいるファンや大統領が撤回を求める動きを見せている。そんな中、共に世界のスター選手として肩を並べるC・ロナウドが、この話に言及した。

「メッシは難しい決断をしたのだとファンは理解し、受け入れなければならない。彼はPKで失敗してしまったが悪い選手ではない。彼の涙を見るのは痛かったけど、僕は彼の第二の人生を理解している」

 しかし、一方で「ただ、彼らはメッシを必要としているし、考え直すことを願っているよ」と語り、代表引退に理解を示しつつも、将来的な復帰を望んでいることを明かした。

 メッシの代表引退の要因の一つとして、アルゼンチンサッカー協会の腐敗が挙げられている。これを改善しない限り、メッシが考えを改めることはないかもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 13:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。