ここから本文です

C・ロナウドの「マイク投げ捨て事件」に思わぬ進展! 回収に成功し、まさかのオークション出品

Football ZONE web 7/4(月) 16:58配信

ハンガリー戦前にロナウドがテレビ局のマイクを湖に投げ捨てる蛮行

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが犯した「マイク投げ捨て事件」は世界中で物議を醸したが、その湖に投げ捨てられたマイクが発見され、オークションに出品されることになったという。英メディア「101GreatGoals」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ロナウドはグループステージ第3節ハンガリー戦の試合前日、とんでもない蛮行に出ていた。ポルトガルのテレビ局「コレイオ・ダ・マーニャ」のレポーターが、仏頂面で歩くロナウドに「ハンガリー戦の準備はどうですか?」と質問。だが、この一言が開幕から2試合連続ドローで自身も無得点とナーバスになっていたロナウドの癇に障ったのか、マイクを強引に奪うと、それをすぐ横の湖に投げ捨てたのだ。

 このスーパースターの常軌を逸した蛮行に、テレビ局のディレクターを務めるカルロス・ロドリゲス氏は「深刻で国家に対する恥だ。少なくとも我々は、ロナウドとサッカー連盟から公式な謝罪を求める。主将として、ロナウドには公の役割が存在する」と怒りの声明を出し、謝罪を要求した。

 その後、ポルトガルは決勝トーナメント進出を決め、1回戦のクロアチア戦、準々決勝のポーランド戦と拮抗した接戦をモノにし、準決勝まで駒を進めることに成功している。ロナウド自身もハンガリー戦でチームを救う2得点を決めたことから、大会ノーゴールの重圧からは解放されていた。

世紀の愚行もEURO優勝なら価値が高騰!?

 しかし、同テレビ局はこの一連の騒動を鎮火させることなく、新たな動きを見せた。湖に沈んだマイクを取り戻すため、ダイバーを派遣し、回収に成功。現在、それをオークションに出し、それで得た資金をチャリティーに寄付する方針になっているという。

 この「マイク投げ捨て事件」は世紀の愚行として、母国でも厳しい視線を送られているが、ポルトガルがEUROで優勝を果たした際は、この捨てられたマイクの価値はグッと高まることになるかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(月) 16:58

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革