ここから本文です

日本との対戦はなし? ペップ、若きナイジェリア代表のリオ五輪行きを拒否

フットボールチャンネル 7/4(月) 15:12配信

 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、U-23ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョのリオ五輪行きに消極的な姿勢のようだ。英紙『ザ・サン』が報じている。

 19歳のイヘアナチョはトップチームに昇格した昨季にはリーグ26試合で8得点を記録し、戦列なデビューシーズンを送っている。リオ五輪に臨むU-23ナイジェリア代表の予備リストにも名を連ねており、本メンバー入りが期待されている。

 リオ五輪でナイジェリアは日本と同じグループBに組み分けられており、グループステージの初戦で対戦することになる。

 “ペップ”・グアルディオラ監督はイヘアナチョの五輪参加を拒否し、クラブに留めてトレーニングキャンプに帯同させる意向だという。

 ただ、イヘアナチョ本人はリオ五輪出場を望んでおり、「もちろん、クラブが許してくれるなら行きたい」と発言している。

 予備メンバーの中には、ジェイ・ジェイ・オコチャ氏の甥にあたるアーセナルのアレックス・イウォビ、オーバーエイジ枠としてチェルシーのジョン・オビ・ミケルやワトフォードのオディオン・イグアロらも入っている。

 ナイジェリアは日本と対戦した後、スウェーデン、コロンビアと対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 17:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。