ここから本文です

ミラン唯一のイタリア代表選手の評価がEUROで急上昇! バルサ移籍が浮上か

Football ZONE web 7/4(月) 21:40配信

ユベントスも獲得を狙うデシリオ

 日本代表FW本田圭佑の所属するACミランで、唯一のイタリア代表として欧州選手権(EURO)を戦ったDFマッティア・デシリオが、バルセロナに引き抜かれる可能性が浮上している。スペイン地元紙「ムンド・デポルティーボ」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 デシリオはEUROで驚異の団結力を示しながらも、準々決勝でドイツにPK戦の末に敗退したイタリア代表で攻守に奮闘した。ミランでは右サイドバックのイニャツィオ・アバーテ、左サイドバックのルカ・アントネッリという実力者の後塵を拝しているが、左右両サイドバックを高いレベルでこなせるデシリオは、EUROでの奮闘によって一気に株を上げており、イタリア王者ユベントスも獲得に乗り出しているという

 そしてここにきて、サイドバックが補強ポイントとなっている世界屈指の強豪への移籍の可能性が浮上している。すでにブラジル代表DFダニエウ・アウベスのユベントス移籍が決定しており、DFアドリアーノもラツィオ移籍が濃厚。スペイン代表DFジョルディ・アルバの酷使を避けるためにもサイドバックの補強が急務となっており、デシリオの名前が今夏の獲得リスト最上位に浮上しているという。

バルサが狙う4人の獲得候補の最上位に

 バルサはデシリオ以外にも、ボルシアMGのアメリカ代表DFファビアン・ジョンソン、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン、レバークーゼンのブラジル人DFワンデルも候補に挙がっている。だが、デシリオは「23歳という若さで4人の中で最も完成している」「両サイドをハイレベルでプレーできる」「1対1に強い」という3つの理由で、最上位にリストされているという。

 3年連続で欧州カップ戦出場権を失ったミランは、ビンチェンツォ・モンテッラ新監督を招聘し、名門復活への道を歩もうとしている。ミラン下部組織出身の生え抜きの星は、世界最高の名門からの誘いに乗ってしまうのだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/4(月) 21:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ