ここから本文です

ユーベがチチャリートに注目。モラタのレアル復帰で新ストライカー獲得へ

フットボールチャンネル 7/4(月) 16:31配信

 ユベトスはバイヤー・レバークーセンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス・“チチャリート”の獲得を検討しているという。イタリアメディア『スカイ・スポーツ』が報じた。

 セリエAで4連覇を達成したユベントスだが、2シーズンに渡りチーム攻撃陣の主軸としてプレーしたスペイン代表FWアルバロ・モラタがレアル・マドリーに復帰し、FWの補強が必要となっている。

 当初はアーセナルのFWアレクシス・サンチェス獲得を画策したが、オファーは拒否されてしまった。

 そこで、昨季公式戦40試合に出場して26ゴールとドイツで輝かしい活躍を見せたチチャリートに注目しているという。ただし、レバークーゼンはエースを簡単に手放すつもりはなく、ユベントスは高額な移籍金を提示する必要があるという。

 すでにユベントスはバルセロナからブラジル代表DFダニエウ・アウベス、ローマからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの獲得に成功している。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 17:31

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。