ここから本文です

マタ、モウリーニョ就任で放出か。EUROイタリア代表メンバーも狙うエバートンへ

フットボールチャンネル 7/4(月) 17:03配信

 マンチェスター・ユナイテッドの中盤を支えたフアン・マタは今夏移籍をすることになりそうだ。3日、英紙『リバプール・エコー』が伝えている。

 ユナイテッドは来シーズンからジョゼ・モウリーニョを監督に迎えるが、2014年1月にマタがユナイテッドへ移籍することを許可したのがモウリーニョだ。

 こうした過去もあり、モウリーニョ体制下では出場機会が減ると見られているマタに対してエバートンが興味を示している。2500万ポンド(約33億円)を用意して獲得に乗り出すようだ。

 また、エバートンはサウザンプトンに所属しており、EUROでイタリア代表に選出されているグラツィアーノ・ペッレへもオファーをするようだ。ペッレは契約が残り1年となっており、サウザンプトン側も移籍金が発生する今夏の放出を認める方向。

 エバートンは来シーズンからの新監督としてロナルド・クーマンを招聘した。マタはバレンシア、ペッレはサウザンプトン時代にクーマンが指導をした選手だ。

 名門復活へ向けて新監督の下、再スタートを切るエバートン。プレミアリーグでの実績を持つ選手たちの獲得に動いているようだ。

【了】

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 20:49

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。