ここから本文です

イタリア代表、EURO健闘で市場価格が急騰! 大会前から80億円も上昇へ

フットボールチャンネル 7/4(月) 21:00配信

 EURO2016でのイタリア代表の健闘は市場価格にも反映されてるようだ。3日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 イタリアはEUROの準々決勝でドイツに敗れて敗退した。しかし下馬評を覆したこれまでの健闘が実り、2億7900万ユーロ(約317億円)とされていた大会前の同代表チーム全体の市場価格が、大会後には3億5000万ユーロ(約397億円)と7100万ユーロ(約80億円)も上昇したようである。

 今大会屈指の守備陣では、特にレオナルド・ボヌッチの価格が3000万ユーロ(約34億円)から5000万ユーロ(約56億円)に大きく上昇。さらにマッティア・デ・シリオの価格も1000万ユーロ(約11億円)から少なくとも1800万ユーロ(約20億円)まで上昇したようだ。

 中盤ではエマヌエレ・ジャッケリーニの値段が600万ユーロ(約6億円)から2倍の1200万ユーロ(約13億円)に上昇。そして23歳のステファノ・ストゥラーロの値段が1000万ユーロ(約11億円)から1500万ユーロ(約17億円)に上昇したようである。

 前線は誰も評価を下げず、今年の1月に1100万ユーロ(約12億円)でインテルに移籍したエデルは、大会前に800万ユーロ(約9億円)まで評価を下げるも大会後には1200万ユーロ(約13億円)まで上昇。PK戦で外したグラツィアーノ・ペッレも600万ユーロ(約6億円)から2倍の1200万ユーロ(約13億円)に上昇したようだ。

 代表チームへ所属選手を送ることを嫌うクラブチーム。しかし選手たちの評価を上げてくれたアントニオ・コンテ前監督には感謝する必要がありそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/4(月) 21:19

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。