ここから本文です

ユーベ、やはりPSGエースを“禁断の移籍”で獲得? 契約延長を拒否へ

フットボールチャンネル 7/4(月) 21:10配信

 パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグライ代表FWエディンソン・カバーニは、やはりユベントスへの“禁断の移籍”を決断しているのかもしれない。3日にフランスの『ル・10スポルト』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 カバーニはFWズラタン・イブラヒモビッチが退団したことでレギュラーポジションが約束されていた。しかし今の所同選手は、クラブと契約を延長することに納得していないようである。

 PSGオーナーのナーセル・アル=ヘライフィー氏は、カバーニの態度を良く思ってはいないようだ。クラブが現在ボルシア・ドルトムントに所属するFWピエール=エメリク・オーバメヤンやナポリに所属するFWゴンサロ・イグアインといった9番の選手を主なターゲットとして探していることは偶然のことではないようである。

 レアル・マドリーに買い戻されたFWアルバロ・モラタの代役を探しているユベントスは、現在その動向を探っているとみられている。ユベントスはすでにカバーニ本人と完全合意に至っているようだが、かつてFWキングスレイ・コマン(現:バイエルン・ミュンヘン)を獲得した際にPSGとの関係が険悪な状態になったことからも、PSGを刺激するようなことはしたくはないようである。

 仮にカバーニのユベントス移籍が実現すれば、本人にとっては“禁断の移籍”となる。日本ではあまり馴染みがないが、一度でもナポリに在籍した選手がユベントスに移籍するのはご法度だ。ナポリファンからの大きな非難は避けられないだろう。

 悲願のチャンピオンズリーグ制覇に向けて補強を着実に進めているユベントス。もし長年夢見てきたカバーニを獲得することができれば、その夢の実現にさらに近づくことになるのは間違いない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/5(火) 7:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。