ここから本文です

投資金額やプライヤーの数は? 数字で読み解くインド・スタートアップの現在

Forbes JAPAN 7/4(月) 17:00配信

2015年、ベンチャーキャピタル等がインドのスタートアップに49億ドル(10年以前創業のスタートアップを除く)を投資した。その83%をB2Cビジネスが、17%をB2Bビジネスが占めている。



カテゴリー別の投資金額では、eコマース領域が14億ドル、アグリゲーター(情報管理事業)領域が11億ドルで上位を占める。一見、B2Bビジネスは割合こそ低いが、B2C向け投資が14年比で95%増加したのに対し、B2B向け投資は同250%も成長している。

投資額49億ドル(14年22億ドル)に関わるプレイヤーも増えており、VCやPEファンドは156社(同75社)、エンジェルは292人(同115人)、インキュベーターやアクセラレーターは110社(同80社)とされている。VCやPEのトップ10社の内、8社が外資系というのが特徴的だ。

インド最大のソフトウェア団体であるNASSCOMでは、モティ首相のスタートアップ支援策と連携し、13年からの10年間で1万社のテクノロジースタートアップを支援する「10000 Startups Program」を進行させている。15年末時点で、同基準に当てはまるテクノロジースタートアップは4,200社。米国4万8,000社には届かないが、3,500社の中国とほぼ同水準だ。

なお、インドでのテクノロジースタートアップ誕生ペースは加速しており、15年には400社のテクノロジースタートアップが資金調達をした。前年の179社と比べると大きく伸びている。


世界が注目する「インド・スタートアップ」特集は、現在発売中のFoebes JAPAN 8月号で! 目次詳細はこちら▼

土橋 克寿

最終更新:7/4(月) 17:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

なぜ今? 首相主導の働き方改革