ここから本文です

多様化進む中国ファッション市場、ミレニアル向け新ビジネスが勃興

Forbes JAPAN 7/4(月) 17:30配信

中国人のファッションといえば、ロゴの入ったバッグと有名ブランドの服が定番だった。しかし今、都会のファッションに敏感な若者は、グッチのバッグやシャネルのパンプスではなく、個性を表現できるアイテムに目を向けている。そして彼らのニーズを取り込もうとするスタートアップも立ち上がっている。



ニーウ・ラズニクら3人が1年半前に設立したイスラエルのファッション系スタートアップ「Out of X」は、中国市場向けのクラウドファンディングサイトを運営している。

参加するデザイナーはサイトで製品と生産可能なロット数を公開し、オーダーが最低数に達したら、その製品は資金を得て生産され、顧客の元に届けられる。ラズニクは「これはファッションの世界のKickstarterだ」と説明した。

ターゲットは「1990年代生まれ」

「私たちがやろうとしていたことは、Kickstarterで扱うにはニッチすぎるジャンルだった。それならばファッションに特化したクラウドファンディングを作ろうと考え、Out of Xが生まれた」とラズニクは語る。

ニューヨークやロンドンでサイトを試験運営した後、ラズニクらはスタートアップのコンベンションのためシドニーを訪問。そこで投資家から「中国マーケットに進出するべきだ」と助言を受けた。3人は中国のテレビ番組で事業プランを認められ、創業資金を手にした。

彼らはオペレーションを上海に移して中国マーケットに特化することを即決。スタートアップを支援する中国のプロジェクトChinaccelerator(中国加速)にも参加した。今年の夏、Out of Xは中国の90後(1990年代生まれ)をターゲットに、WeChat等でキャンペーンを始動。欧米の独立系デザイナー100人以上と組んでサービスを開始した。

「中国人の贅沢志向は変化している。若い世代は多様性を受け入れ、独自性を求めている。Out of Xは彼らの求める物を提供する」とラズニクは語る。

1/2ページ

最終更新:7/4(月) 17:30

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

Yahoo!ニュースからのお知らせ