ここから本文です

【J2採点&寸評】熊本×C大阪|熊本は“うまスタ復帰戦”を飾れず。C大阪攻撃陣が爆発

SOCCER DIGEST Web 7/4(月) 6:00配信

熊本――薗田はゴール後に退場と、1試合で天国と地獄を味わう。

[J2 21節]7月3日/18:03/うまスタ/9,322人
熊本 1-5 C大阪
前半 1-3
後半 0-2
得点者/熊本=薗田(8分) C大阪=清原(13分)、B・メネゲウ(27分)、R・サントス(35分、90+1分)、杉本(64分)
【警告】熊本=清武(33分)、嶋田(62分)、植田(68分) C大阪=なし
【退場】熊本=薗田(25分)
【MAN OF THE MATCH】R・サントス(C大阪)
 

【熊本 1-5 C大阪PHOTO】3か月ぶりのうまスタでの熊本ホームゲームはC大阪のゴールショーに…

 
【チーム採点・寸評】
熊本 5.5
ホームスタジアム復帰戦は、サポーターの熱い声援を背に最高の入りをする。だが、先制後に薗田がPKを献上して一発退場。数的不利のなか最後まで戦い続けたが、勝利は遠かった。
 
【熊本|採点・寸評】
GK
30 佐藤昭大 5.5
PKを含めどれもノーチャンスに近かったが、5失点は悔いの残る結果。一度、クロスをファンブルするシーンもあった。

DF
4 園田拓也 6
8分にはCKを頭で折り返して薗田の先制点をアシストし、21分にはR・サントスの決定的なシュートをスライディングでブロック。5失点も攻守でチームを支えた。
 
33 薗田 淳 5.5
園田の折り返しにダイビングヘッドで先制ゴールを叩き込む。しかし、歓喜の数分後に悲劇が。PA内でR・サントスを倒し、一発退場となった。
 
5 植田龍仁朗 5.5
薗田退場後は園田とCBを組んでC大阪攻撃陣に挑んだ。球際での強さは光ったが、相手の勢いを止め切れなかった。
   
MF
8 髙柳一誠 5.5(76分OUT)
先制点につながるミドルシュートを打つなど序盤は積極的に攻撃に絡んだ。退場者を出した後は、守備に追われ続け、その攻撃センスを長い時間見られなかったのは残念。

14 キム・テヨン 5.5
最終ラインの防波堤として奮闘。ただ、C大阪アタッカー陣に翻弄される場面も。特にB・メネゲウを自由にした点はマイナスだ。

2 黒木晃平 6(57分OUT)
サイドから中に入りつつ、ボール回しに関与。前半終了間際にはパスカットからカウンターを発動させるなど、劣勢を挽回しようと走り回った。
 
22 上原拓郎 5.5
良いクサビのパスを数本入れた点は評価。だが、守備面では対面の清原のドリブルに後手を踏み、左サイドの主導権を握られた。

 

1/3ページ

最終更新:7/4(月) 16:34

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。