ここから本文です

グリエーズマンが卓越した煌めき。得点王争いトップの1ゴール、さらには2アシスト!

SOCCER DIGEST Web 7/4(月) 7:37配信

プレースタイルもトップ下と言うよりセカンドトップのそれだ。

 サンドニで開催された7月3日のEURO2016準々決勝。今大会最多の5ゴールを叩き込んでアイスランドを粉砕したフランスには、2ゴールのオリビエ・ジルー、ようやく今大会初得点が生まれたポール・ポグバなど特筆に値する選手が少なくない。しかし、もっとも眩い輝きを放ち、攻撃のキーマンたる活躍を見せていたのが、アントワーヌ・グリエーズマンだ。

【フォーメーション図】フランス 5-2 アイスランド


 
 この日のフランスは、ラウンド・オブ16のアイルランド戦後半で使った4-4-1-1を頭から採用。4-2-3-1にも見えなくもないが、グリエーズマンのスタートポジションは2列目ではなく最前線であり、守備の局面の動きを含めたプレースタイルもトップ下と言うよりセカンドトップのそれだ。
 
 グリエーズマンは序盤から敵2ライン(DFとMF)間に入り込み、巧みにボールを引き出してチームにリズムを与える。しかも、そこから前後左右にも流動的に動き、ビルドアップ、崩し、フィニッシュと攻撃の全局面に絡むので、アイスランドの守備陣は掴まえるのに四苦八苦していた。
 
 大会序盤の右サイドではなく、中央で水を得た魚のように躍動するグリエーズマンは、20分には右CKから正確なボールを供給し、ポグバのヘディングによる2点目をアシスト。さらに43分にはジルーの落としに反応してペナルティーエリア手前でボールを受けると、すぐさま横に流して、ディミトリ・パイエのミドルシュート(3点目)をアシストした。
 
 そして、45分にはポグバからの楔のパスをジルーがヒールで流すと、グリエーズマンは相手最終ラインの裏で独走。GKとの1対1を見事なループシュートで制した。
 
 ちなみに、この鮮やかな一撃は、得点王ランキングの単独トップに躍り出る今大会4ゴール目であり、さらにEURO2016の100点目にあたるメモリアル弾でもあった。
 
 前半だけで1ゴール・2アシストを記録したグリエーズマンは、後半も引き続き攻撃の核として機能。59分にジルーに代わって入ったアンドレ=ピエール・ジニャクが低調だった関係もあり、終盤はやや消えていたが、個人のパフォーマンスが下がったわけでは決してなかった。
 
 セカンドトップへのポジションチェンジがはまって2ゴールを挙げたアイルランド戦後には、「左、中央、右と自由に動けるポジション(セカンドトップ)は、もちろんやりやすい。僕の能力を一番発揮できる」と語っていたグリエーズマンは、アイスランド戦でそれを再び実証してみせた。
 
 7月7日の準決勝の相手は世界王者ドイツ。敵の守護神マヌエル・ノイアーは、ここまでPKによる1失点だけとさすがの堅牢を誇っている。ゴールにアシストにと乗りに乗っているグリエーズマンを中心とするフランス攻撃陣は、その壁を破れるのか。今から興味は尽きない。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

最終更新:7/4(月) 17:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。