ここから本文です

2ゴールで殊勲の活躍を見せたジルーが「最後まで諦めなかった」とアイスランドを称賛

SOCCER DIGEST Web 7/4(月) 8:21配信

「最初から気分は最高だった」

 7月3日(現地時間)に行なわれたEURO2016準々決勝のフランス対アイスランドは、5-2でフランスが快勝した。

【全選手採点&寸評】フランス 5-2 アイスランド


 
 立ち上がりから迫力のある攻撃を見せたフランスは12分にオリビエ・ジルーのゴールで先制すると、20分にポール・ポグバ、43分にディミトリ・パイエ、45分にアントワーヌ・グリエーズマンと前半のうちに4点奪って試合を決定付けた。
 
 後半はアイスランドの粘りに屈し、56分に1点を奪われるも、59分にジルーが2点目を決めたフランスは84分に2失点目を喫したが、攻撃陣が機能して大量得点を挙げて、伏兵アイスランドを倒し、準決勝へと進出した。
 
 この試合で1トップとして出場したジルーは2ゴールを挙げ、エースとして存在感を十分に放った。
 
 そんなジルーは試合後、粘りの戦いを見せたアイスランドの健闘を称えつつ、大勝を喜ぶコメントを残している。
 
――◇―――◇――
 
 5ゴールを挙げられて、とても嬉しいよ。
 
 アイスランドは決して諦めなかった。彼らは最後まで粘り強く挑んでいた。僕はあのスタイルを称賛したい。彼らのEUROは本当に素晴らしかったよ。
 
 今日の僕のプレーがフランスのために最高のパフォーマンスだったかは分からない。他にも良い試合はあったからね。でも、おそらくメジャー大会においては一番の出来だったと思う。
 
 僕は最初から気分は最高だった。僕らは立ち上がりが良くないことに慣れているけど、今日みたいにしっかりとした入り方を継続する必要がある。早い段階で良い状態になれたうえに、とても分析的に戦えたね。
 

最終更新:7/4(月) 17:44

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。