ここから本文です

【現地発】15年来の育成の賜物――躍進アイスランドの物語は終わらない

SOCCER DIGEST Web 7/4(月) 11:29配信

この楽しい祭りを終えたくない――サポーターは歌い続けた。

 初出場アイスランドの冒険は、ベスト8で終止符が打たれた。
 
 前半で4-0と勝負は早々と決まってしまったが、そうなったのも無理はない。
 
 スタメンは過去4試合と全く同じ。選手層が薄いこともあって同じメンバーで戦ってきたが、さすがに疲労は隠せなかった。
 
 序盤からボールへの反応が鈍く、フランスの出足とテクニックに揺さぶられた。
 
 スタメンの顔ぶれとともに、過去4試合のアイスランドには興味深いデータがある。
 
 全ての試合でボール支配率が30パーセント台ということだ。つまり、押し込まれるのは彼らのリズム。だが12分、20分と早い時間帯に立て続けに失点したことで、根競べをする以前に、フランスの勢いに飲み込まれてしまった。
 
 もっとも、アイスランドが好印象を残したことは疑いない。
 
 前半の大量失点で言葉を失っていたサポーターたちは、後半になると再び迫力溢れる応援を繰り広げ、チームを奮い立たせた。
 
 チームも、この大声援に応える。
 
 積極果敢にフランス陣内に攻め込み、56分にシグソールソンが、83分にB・ビャルナソンがゴールを決め、サポーターたちを狂喜させた。すでにチームは偉業を成し遂げていたが、そのことに満足せず、最後までアイスランドらしさを貫いた。
 
 試合後、アイスランドのサポーターたちは、すっかりお馴染みになった「ウッ!」の手拍子で選手たちを讃えた。雨のサンドニに、サポーターたちの歌声がこだまする。
 
 選手たちがピッチを立ち去った後も、アイスランドのサポーターたちはスタンドに残り、この夏に定着したコールを延々と繰り返した。この楽しいお祭りを終えたくない、という気持ちが痛いほど伝わってきた。
 
 選手たちも、その気持ちは同じだったのだろう。背番号10のG・シグルドソンは再びピッチに戻り、サポーターにスパイクをプレゼントして別れを惜しんでいた。
 
 国中を熱狂させたアイスランドのEUROは終わった。だが、物語には続きがあるかもしれない。
 
 アイスランドの躍進は決してフロックではない。この15年来の選手、指導者の育成の賜物。サッカーが伸びていく下地は、すでにできているからだ。
 
 ひたむきなバイキングたちは、2年後のロシア・ワールドカップに再び襲来するかもしれない。
 
現地取材・文:熊崎 敬

最終更新:7/4(月) 17:43

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。