ここから本文です

大敗のアイスランド「ファンを誇りに思う」と清々しくEUROを去る

SOCCER DIGEST Web 7/4(月) 11:37配信

「ファンは偉大だった」(B・ビャルナソン)

 EURO2016準々決勝でアイスランドはフランスに2-5と大敗し、大会から姿を消すこととなった。
 
 序盤からフランスに主導権を握られ、前半に4点を奪われたアイスランドは、それでも終盤まで諦めずに戦う姿勢を貫き、2点を返した。
 
 結局、敗れはしたが、初出場でグループステージを突破し、ラウンド・オブ16ではイングランドを相手に逆転勝利を挙げるなど、大会を大いに盛り上げた彼らのセンセーショナルな躍進は称賛されるべきだろう。
 
 試合後、アイスランドのラーシュ・ラガーベック監督は大会を振り返り、チームの出来を称賛した。選手たちのコメントとともに紹介しよう。
 
――◇―――◇――
 
ラーシュ・ラガーベック(アイスランド監督)
「フランスを祝福したい。素晴らしいチームだった。今日は我々がどんなに頑張っても、彼らは我々を悪く見せたはずだ」
 
「この4年半は私にとって本当に素晴らしい旅だった。今日は全てのファンがここに駆けつけて来てくれていると聞いていたし、彼らのポジティブな気持ちは私の心に深く残ったよ。今日、私は最初の45分間を除いて、毎分を楽しむことができた」
 
「トーナメントを振り返れば、新顔の我々がベスト8まで勝ち上がったんだ。こんなに素晴らしいことはないよ」
 
ビルキル・ビャルナソン(アイスランドMF)
「前半、僕らは準備ができていなかった。そして何よりフランスが良すぎたよ。僕らにとってベストゲームではなかったけど、後半は立ち直って“らしさ”を示せたと思う」
 
「僕らがここまで勝ち上がるなんて誰も思ってなかったと思う。とても名誉なことだよ。初めてこんなに大きなトーナメントを戦えて、イングランド戦も含めていくつか素晴らしい試合が出来た。僕らはこれを誇り高く思わないといけない」
 
「ファンは偉大だった。アイスランドのファンからの声援は信じられないくらいだった」
 
コルベイン・シグソールソン(アイスランドFW)
「大会を去ることは残念なことだけど、僕らがやってきたこと全てを誇りに感じる。そして、受けてきた全てのサポートも誇りに思う。会場の雰囲気を見てほしい。本当に美しいよ」
 
エイドゥル・グジョンセン(アイスランドFW)
「僕らは夢のような体験ができた…けど、すべての夢は終わったんだ。今夜はフランスが僕らに対して強すぎた」
 
アロン・グンナールソン(アイスランドMF)
「終わってしまったけど、このおとぎ話を誇りに感じる。そしてありがたいことに大会中は、僕らはファンの信じられないくらいのサポートを受けられた。彼らには本当に驚かされたね」
 

最終更新:7/4(月) 11:42

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。