ここから本文です

オアフから隣島へも足を延ばす旅なら チャイナ エアラインがおすすめ!

CREA WEB 7/4(月) 12:01配信

お財布にもスケジュールにも優しいエアライン

 大人のハワイ旅行において、費用の割り振りで意見が分かれるのは、おそらくエアラインに関してでは? ただの移動なのだから、できるだけ費用は抑えたい。とはいえ、せっかくの旅なのだから、エクスクルーシブなサービスを優雅に味わいたい。

 どちらの願いも叶えられるのが、台湾の翼チャイナ エアラインのビジネスクラスだろう。たとえば公式サイトから購入すれば、ビジネスクラスが往復13万5,000円~(税抜)。予算にちょっぴり上乗せすれば、ラウンジの利用や優先搭乗、ゆったりとしたシートやワンランク上の食事などのメリットがたくさん。コストパフォーマンスの高さを考えると、狙い目だ。

 エコノミークラスの場合、公式サイトからの購入で往復3万5,000円~(税抜)と、リーズナブル。ビジネスクラスと同様に、オンデマンドのエンターテイメントシステムで最新作を含む映画や音楽が楽しめ、温かい自慢の機内食にフルボトルサービスのワインをはじめとした充実のドリンクがいただける。

 またネイバー・アイランズへの旅の場合、金額のみならず、フライトスケジュールにおいても、おすすめしたい。帰国日のホノルル-成田便が午後出発なので、ハワイ島やカウアイ島から朝の国内線に乗れば、そのままスムーズに国際線へと乗り継ぎが可能だ。

 チャイナ エアラインのスケジュールは下記のとおり。

●2016年10月29日まで
往路 CI18便/成田発20:30 → ホノルル着08:40
復路 CI17便/ホノルル発13:45 → 成田着 翌日16:55

●2016年10月30日から
往路 CI18便/成田発20:10 → ホノルル着08:00
復路 CI17便/ホノルル発12:00 → 成田着16:25

チャイナ エアライン
URL https://www.china-airlines.com/jp/jp

古関千恵子

最終更新:7/4(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。