ここから本文です

東日本最大級のサマーイルミが新潟でスタート

東京ウォーカー 7/5(火) 18:00配信

2016年11月15日(火)まで、アパリゾート上越妙高(新潟県妙高市)で行われる東日本最大級のサマーイルミネーション「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」がいよいよスタートした。昨年は「LEDライトで作った最大のイメージ」としてギネス世界記録にも認定され、延べ20万8000人を動員した本イルミネーション。3回目となる本年度は敷地を約4万平米に拡大、球数も約160万球にボリュームアップし、その内容に注目が集まっている。

【夜景特集】夜景にまつわる最新トピックスやフォトギャラリーをチェック!

6月29日にはオープンに先立ち、アパグループ株式会社代表取締役社長・元谷一志氏とプロデュースを務める夜景観光コンベンション・ビューロー代表理事の丸々もとお氏が会見を行った。

「風神・雷神をテーマにした世界初のダブルウォータープロジェクションマッピングのほか、太陽光を使ったLEDの『天空の花畑』も新たに登場します。大きな規模だけでなく、テーマ性や地域共性、拡張性をふまえると心を打つイルミネーションになっていると思う」と元谷氏は話す。

元谷氏いわく「昨年好評を博した既存のエリアについても、カラーバリエーションや新演出を加え、昨年とは異なる内容に仕上がっています。来年度以降もテイストを変えて拡張していく予定なので、これからも進化していく内容を楽しんでいただけたら」。本年度のこだわりについては「参加者が体験しながら楽しめるということにこだわりました。グラウンドイルミネーションの『光の双龍』をはじめ、各所いろいろな仕掛けが施されています」(元谷氏)。

プロデューサーの丸々氏は「3回目となる今年から共同事業として行うことになり、本気で向き合い深堀りしながら日本でナンバーワンのイルミネーションを作る、と決意を新たに取り組んでいる」と意気込んだ。「BGMや演出の曲も全てこのために書き下ろしたオリジナルのもの。ロマンチックでスケール感ある音楽と共に楽しんでほしい。また各エリアの音響が重ならないよう、巡る方のペースにあわせて上映時間をスケジューリングしています」(丸々氏)。

また今年も土日祝をメインとした一部日程に最寄り駅とアパリゾート上越妙高を結ぶ「イルミドラゴンライナー」を走らせるほか、食事やドリンクを提供する「イルミ屋台村」も拡大。累計100万食を販売している「アパカレー」が初めて催事出店するなどラーメンや唐揚げと多数のフードが並ぶ。

新演出がめじろ押しの「アパリゾート上越妙高イルミネーション2016 Myoko Happiness Illumination~幸福を呼ぶ光の双龍~」。世界最大規模の光の芸術を、ぜひその目で確かめてほしい。【ウォーカープラス/夜景時間】

最終更新:7/5(火) 20:54

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。