ここから本文です

シェフが教えるパーフェクトな目玉焼きの作り方

ライフハッカー[日本版] 7/5(火) 12:10配信

卵の調理方法はたくさんありますが、カリっとした目玉焼きはそのなかでも格別です。シェフのJ. ケンジ・ロペス-アルトさんによる、外はカリっと中はトロっとした最高の目玉焼きを作る方法をご紹介します。

ロペス-アルトさんのサイト「Serious Eats」では、ふわっとした繊細な卵の食感を楽しみたければゆで卵にすることをおすすめしていますが、本物の目玉焼きを作りたい人に向けて、彼のとっておきの方法をYouTubeチャンネルの動画(https://youtu.be/jQD6S6v4TyU)で公開しています。

作り方は簡単。スプーン2~3杯分の植物油またはオリーブオイルをテフロン加工のフライパンに注ぎます。油を中~強火で熱したら、フライパンを回して油をまんべんなく広げます。

ゆっくり卵を落としたら塩こしょうで味付けしましょう。高温の油の中で卵白が泡を立ててフライされるはずです。次にフライパンを傾けて油を集めましょう。スプーンで油をすくって卵の上にかけることで、全体をフライすることができます。木のへらでカリカリになった卵をお皿に移して完成です。
実際にフライした味のする目玉焼きは絶品。皆さんもぜひお試しあれ。

How to Fry an Egg (the extra-crispy method) | YouTube via Serious Eats
Patrick Allan (原文/訳:wasabi)

最終更新:7/5(火) 12:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。