ここから本文です

マンUでキャリアの岐路に立つヤヌザイ モウリーニョ監督の構想外なら完全移籍での放出直訴へ

Football ZONE web 7/5(火) 7:30配信

ドルトムントから半年で帰還後も、信頼をつかめず沈黙

 マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが、ファーストチームで出番がなければジョゼ・モウリーニョ新監督に対し、完全移籍を直訴することになると、英地元紙「サン」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 2013年にデイビッド・モイーズ元監督の下でユナイテッドデビューを果たし、瞬く間にスターダムにのし上がったヤヌザイだったが、ルイス・ファン・ハール前監督の下では出番が少なく、昨夏はドルトムントに期限付き移籍した。しかし、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督からも信頼を得られず、今年1月にわずか半年でユナイテッドに急きょ出戻りを果たしていた。

 復活が待たれるヤヌザイだが、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチやアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンら大型補強の煽りを受けて、自らの立場が危うくなることを危惧している。構想外ということであれば、ヤヌザイは期限付きではなく完全移籍でクラブを離れることを望んでいるという。

モウリーニョ監督はレンタルでの放出を望む

 ユナイテッドでのキャリアが終幕に向かっているとヤヌザイが心配している一方、モウリーニョ監督はベルギー代表アタッカーを高く評価しているともレポートされている。指揮官は、21歳のヤヌザイには出場機会を得られるプレミアリーグクラブへ期限付き移籍し、経験を積んでほしいと考えているようだ。

 出番がなければ完全移籍を望むヤヌザイと、期限付き移籍で武者修行に出したいというモウリーニョ監督と、現時点では両者の意見にはズレが生じている。ヤヌザイと代理人は今週中にもモウリーニョ監督と会談し、将来について決定を下すという。神童として持て囃されたヤヌザイだが、タレント軍団ユナイテッドでポジションを勝ち取るためにはイバラの道が待っているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/5(火) 7:30

Football ZONE web