ここから本文です

ワンタッチで作業用ベストのLEDが光る

リスク対策.com 7/5(火) 10:28配信

高所作業現場の監督者や仲間同士で確認して、墜落・転落死亡事故を防ぐ「MITEL(ミテル)」

安全衛生機器の企画・開発・製造、販売を行うサンリョウ株式会社(本社:東京都豊島区)が開発したGENTIシリーズ「MITEL(ミテル)」は、高所作業時に安全帯のフックを正しく親綱などにかけているかどうか、作業している人が着用しているベストに付いているLEDライトの点滅によって確認することができる。

安全帯に通す製品本体にフック掛けが付いていて、フックを外した時に重みがなくなることに反応してベストのLEDライトがつく仕組み。製品本体とLEDベスト、接続コード、単3電池2本が入るボックスがセットになっている。

まず安全帯のベルトを製品本体に通してから体に装着し、LEDベストを着る。ベストの電池ボックスから出ているジャックを製品本体に接続する。安全帯のフックを製品本体のフック掛けにかけて、負荷がかかった時にはベストのLEDライトは点滅せず、フックを外して負荷がない時はライトが緑色に点滅することを確認して完了。

現場に行き、ライトが点滅しているのを確認することで、現場の監督者や仲間同士でフック使用を確認でき、作業員の安全に対する意識の向上も期待できる。様々なメーカーの安全帯に対応し、電池寿命は連続使用で40時間、防滴仕様となっている。

墜落・転落死亡事故は後を絶たず、安全帯の適正な使用が順守されていれば死亡事故者数は大幅に減らすことができるが、現状の注意喚起だけでは改善されなかった。

安全帯のフックを使用しているか状況を確認することが難しく、離れていても確認でき、100%適切に使用させる方法はないか課題となっていた。そういった現場監督者の声から開発された商品だ。

リスク対策.com

最終更新:7/5(火) 10:28

リスク対策.com

リスク対策.comの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。